bay*brook selection

~bay brook selection staff blog~

機能美BAG【PotioR】

先日「キララメニット」をご紹介しまして、


その際にしれ~っと持っていましたバッグ・・・。



こちら
写真+2 (1)


前シーズンに少しだけお店に並びましたが、

今回よりズバっと揃います!


【PotioR(ポティオール)】


上の画像をご覧の通り、

程よくキチンと感もあるので、

カジュアルにもフェミニンにも♪

通勤にも普段使いにも♪


ちょうど良いテイスト・サイズ、

そしてレディースバッグブランドで

これほどまでに機能的なものはないのではないか

と言っても過言ではないくらいの

感動的なデザイン!


バッグ1型1型に唸れるポイントがありますので、

ご紹介していきます!








〈ALISON(アリソン)〉¥35700

まずはこのカラーリング。

アイボリー×ベージュ×ブラックの

ベーシックカラー3色使いで、

ウェアとのコーディネートで絡ませやすい!

そして、シンプルできちんとした感じですが、

独特なマチのデザインやギャザーが

さりげなく取り入れてありますので

かっちりはしすぎません!


斜め掛けOKな長さ調整が出来る革ショルダー付き(もちろん着脱も可!)






真上より

メインファスナー口は本体よりも下げて取り付けてありますので

ファスナーを開けっ放しで使用しても見た目はキレイ!




前ポケット

ひねり金具付き前ポケットは広めの口元で、

ポケットながらも収納力バツグン!




背側

ファスナー付きポケットがひとつ。

ファスナーが衣類を傷つけないように

革面から1段下げて取り付けられています!







傷や汚れがつきにくいように底鋲が5つ!






〈CREMA BOSTON(クレマボストン)〉
¥36750 /ベージュ・ブラック



立体裁断でデザインされた独特なフォルムの変形ボストン。

肉厚ですがしなやかで軽く、

ツヤ仕上げのゴートが使われてるので

斜め掛けカジュアルにも、

手提げにしてフェミニンにもいけます!




上から

このクレマボストンの最大の特徴はここ

メインファスナーの両サイドにポケットが3つ!

ケイタイやICカードや鍵など

すぐに出したいものがスムーズに収納できます!




メインファスナー


フリンジの引手。

ファスナーはラウンドして付けてありますので

荷物の出し入れもしやすい!



内側

中にもしっかりポケットあり!






こちらも汚れや傷を防ぐ底鋲付き!







続きまして

〈POCHETTE WALLET(ポシェットウォレット)〉
¥19950



その名の通り、ポシェットのお財布!

今シーズン、マストカラーのイエローを

こんなバッグで取り入れるのもいいですね!



小振りながらこの収納力!








カードポケットはなんと12コ完備!

小銭を入れれるファスナー付きのポケットは

マチありで開きやすい!

ケイタイも余裕で入ります!


もちろん、革ショルダーは取外しできますので

普段のお財布としてもOK!









どうですか


伝わりましたか


「痒い所に手が届く」的なこのPotioRの機能性



あと、細部までの撮影出来なかったモデルには

こんなトートタイプもありますよ


こちらにはどんな仕掛けがあるのかは……

ぜひお店にチェックに来てください(笑)




機能性ばかりを謳いましたが、

もちろん素材のクオリティは高く、

デザインも可愛らしすぎずキメすぎず。

オススメです





またまた欲しいものが増えます

フフフフフ


向井でした。
関連記事
通販のご希望・商品についてのお問い合わせはコチラまで↓↓
baybrook selection(ベイブルックセレクション) 092-733-2181 baybrookselection@hotmail.co.jp

コメントの投稿

非公開コメント

 

bay*brook selection

Author:bay*brook selection
baybrook selection イムズ店のスタッフblog。


-CATEGORY-
-LATEST STORY-
-LATEST COMMENT-
-MONTHLY ARCHIVE-
-CALENDAR-

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

-LINK-
ページの先頭へ